楽天 連覇の可能性消滅も…目の前の1勝に執念みせた

[ 2014年9月6日 22:49 ]

パ・リーグ 楽天4―0ロッテ

(9月6日 QVC)
 楽天は連覇の目標はついえても目の前の勝利は譲らなかった。デーゲームでソフトバンクが勝ち、優勝の可能性が消滅したことが確定して臨んだ試合で、打線が勝負強さを発揮した。

 7回1死まで成瀬に無安打無得点に抑えられていたが、岡島のチーム初安打となる二塁打から一気に流れをつかむ。2四球で2死満塁と攻めて、枡田が右前適時打。先制点をもたらしたヒーローは「みんなが粘ってつないでくれた。ここで打たなきゃ男じゃない。結果を出せてうれしい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月6日のニュース