ソフトB CS両リーグ一番乗り決めた!投打噛み合い4連勝

[ 2014年9月6日 17:51 ]

<ソ・西>今季10勝目を挙げたソフトバンク先発の中田

パ・リーグ ソフトバンク6―2西武

(9月6日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの投打が噛み合って西武に快勝し4連勝。3位以内を確定し、両リーグ一番乗りでクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 初回に2点を先制されるも2回に同点に追いついたソフトバンクは3回、内川の中前打と李大浩、柳田の連続四死球で無死満塁とすると、西武先発の小石からマウンドを引き継いだ2番手・豊田から吉村が押し出しの四球を選んで勝ち越し。続く松田も右犠飛を放ちリードを広げ、6回にも今宮の適時打で2点を加えた。

 先発の中田は初回にこそ2点を失うも2回以降は立ち直り、2回から5回まで西武打線を三者凡退に斬って取った。結局、7回まで投げて4安打2失点。自己最多タイとなる12三振を奪い、07年以来7年ぶりとなる2桁10勝目を挙げた。

 西武は今季2度目の先発となった小石が6安打3四死球4失点と3回もたずに2回0/3で降板。打線は初回に中村と秋山の2本の適時打で先制するも2回以降は2安打と打線が沈黙し、その後は得点を奪うことができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月6日のニュース