×

デグロム&ピービ 両先発投手が7回途中まで無安打快投

[ 2014年8月3日 15:00 ]

ナ・リーグ メッツ4―2ジャイアンツ

(8月2日 ニューヨーク)
 メッツ―ジャイアンツで両先発右腕が7回途中まで無安打の快投を見せた。

 今季デビューしたメッツの26歳デグロムは速球を軸に攻め、7回2死で二塁打を打たれるまで許した走者は四球による1人だけだった。7月下旬にレッドソックスからジャイアンツに移籍した33歳ピービは打たせて取る円熟の投球で7回1死までを完璧に封じた。

 AP通信によると7回1/3を2失点にしのいで6勝目を挙げたデグロムは「(無安打は)五回に気づいた。自分との闘いだった」と振り返った。一方のピービは七回に4失点と崩れて11敗目を喫した。「制球が良かった」としたが、試合に敗れたことを悔しがった。(共同)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年8月3日のニュース