DeNA・山口 1死も奪えず5球で危険球退場

[ 2014年7月21日 18:09 ]

<D・中>1回無死二、三塁、中日・和田(奥)の頭部への死球で退場のDeNA先発・山口

セ・リーグ DeNA―中日

(7月21日 横浜)
 DeNAの山口俊投手(27)が横浜で行われた中日戦で危険球による退場処分となった。危険球退場処分は、今季両リーグ合わせて5度目。

 先発した山口は初回、先頭の藤井から3連打を許して1点を奪われると、無死二、三塁から打者・和田への初球に左側頭部へぶつけ、危険球とみなされた。和田はすぐさま立ち上がったが、代走・松井佑が送られた。

 山口は1死も奪うことなく、わずか5球の退場劇。ベンチでもぼう然とした表情。山口に代わり、ルーキーの平田が急きょマウンドに上がった。

 

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年7月21日のニュース