富士重工・小野“V投手対決”制した 長嶋さんも絶賛

[ 2014年7月21日 05:30 ]

<セガサミー・富士重工>力投する富士重工・小野

都市対抗野球第3日・2回戦 富士重工6―2セガサミー

(7月20日 東京ドーム)
 富士重工の新人・小野が「優勝投手対決」を制した。

 大会初登板は、6安打2失点で完投勝利。ストライク先行でテンポ良く打ち取り「持ち球全部でカウントが取れたのが良かった」と汗を拭った。

 12年に桐蔭横浜大のエースとして明治神宮大会を制覇。昨年、全日本大学選手権で上武大を初の日本一に導いた横田との「全国制覇」同士の投げ合いも「試合に入ったら気にならなかった」。それよりも前日に大学時代の同期だったNTT東日本の横山が完封勝利を挙げたことに「頑張らないと」と刺激を受けた。観戦した巨人の長嶋茂雄終身名誉監督も「自由自在に内外角に投げ分けて、セガサミーの打線を翻ろうしていた。大学でNo・1になっただけのことはある」と賛辞を惜しまなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月21日のニュース