球宴に震災避難者を招待、各試合500人 慈善オークションも実施

[ 2014年5月29日 18:32 ]

 日本野球機構(NPB)は29日、東日本大震災の復興支援として「マツダオールスターゲーム2014」(第1戦=7月18日・西武ドーム、第2戦=同19日・甲子園)に被災地から埼玉県と兵庫県への避難者を招待すると発表した。各試合に500人ずつ招く。

 また、慈善オークションも実施する。出場した監督、コーチ、選手らが着用したユニホームに直筆サインを入れてインターネットオークションに出品し、売上金を義援金として寄付する。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月29日のニュース