中日・大野 無敗男・西に投げ勝った テンポと低め徹底

[ 2014年5月29日 05:30 ]

<中・オ>力投する大野

交流戦 中日1-0オリックス

(5月28日 ナゴヤD)
 無敗男と真っ向投げ合い、力でねじ伏せた。しびれるような最少得点差勝利の立役者は中日先発・大野だった。

 「1―0で勝てたのはチーム的にも、自分的にも大きいです」

 粘り抜いての7回2/3無失点。チームに今季初の5連勝をもたらすと同時に、ここまで8戦8勝だった相手先発・西に土を付けてみせた。その西の長所をベンチから分析し、即座に取り入れた。

 「感心している場合じゃないですけど、西君を見ていて、すごくテンポのいい投手だと思った。今日は審判の方が低めを取っていて、それも生かしていた」

 テンポと低め。2点のポイントを徹底。6安打を浴び、3、4、7回と得点圏に走者を背負ったが、重い直球を軸にシュート、フォークなどを生かし、要所を締めた。

 工夫が好投につながった。攻撃時のベンチ前でのキャッチボール。大野は片膝をついた捕手役に投球し、時には意図的にワンバウンドを投じた。

 「マウンドでのリリースの感覚が一致するのが、ワンバウンドくらい」

 友利投手コーチのアドバイスを取り入れ、実行。マウンド以外でも常に低めを意識した。

 谷繁兼任監督からも「走者を出しても、粘り強く投げていた」と評価された。自身3連勝で3勝3敗と星を五分に戻し、「貯金ができる投手になります」と力強く宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月29日のニュース