ブラゼル 交流戦堅首弾 “代打の神様”桧山思い浮かべた

[ 2014年5月29日 05:30 ]

<広・ロ>8回、代打・ブラゼルは右越えに3ランを放つ

交流戦 ロッテ6-5広島

(5月28日 マツダ)
 試合後の会見の場に、ロッテ・伊東監督は顔中を紅潮させながら登場した。今にも襲いかかりそうなけんまくだったが、心は弾んでいた。「凄い試合だったね!(緊迫感は)日本シリーズみたいだった。この勝ちは大きい」

 4回を終えて0―4も、劣勢をはね返す粘り強さがあった。2点差の8回、1点差に詰め、なおも2死一、二塁。代打で登場したブラゼルが試合を決めた。集中力を高め、低めのボール球を2球続けて見極めた。2ボール。永川勝がカウントを取りにくる直球を狙った。ど真ん中の141キロ。強振すると打球は右翼中段席へ。今季1号の逆転3ランに「打った瞬間、間違いなく本塁打になるなと分かった。思い描いたところにボールが来た」と興奮気味に話した。

 加入2年目の今季は開幕こそ1軍だったが、不振から4月3日に2軍に降格。悔しさを押し殺し、打率・372、11打点、2本塁打と結果を出すと、声が掛かった。指揮官からは「一振りで試合を決められる選手が必要。起爆剤になってほしい」と期待を寄せられた。

 前日の古巣・阪神戦(甲子園)では、2点を追う7回2死二、三塁の場面で代打出場。だが、藤浪の前に空振り三振に倒れた。交流戦初黒星を喫し、チームの連勝も6で止まった。しかし、ブラゼルは「引きずらないで、前を向くことだけを考えた」という。そして、阪神時代の同僚で「代打の神様」と呼ばれ、昨季引退した桧山進次郎氏の姿を思い浮かべた。

 「桧山さんの、集中力を高めて1球で仕留める姿は凄い。自分も集中していつでも行ける準備をしていた」。その言葉通り、相手の失投を逃さなかった。セ・リーグ首位の広島を相手に逆転勝ちし、交流戦の首位を死守。ブラゼルは胸を張って言った。「このまま1位をキープしていきたいね」。ここぞの場面で勝利を呼び込む「代打の神様」はロッテにもいた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月29日のニュース