カブレラ 1失点も4敗目で2軍行き 7回、ピンチ招き降板 

[ 2014年5月29日 22:33 ]

7回のピンチに、マウンドのカブレラ(中央)のもとに集まる中日ナイン

交流戦 中日0―3オリックス

(5月29日 ナゴヤD)
 6回まで無失点と快投を見せた中日のカブレラだったが、7回に2四球などで無死満塁のピンチを招いて降板。1失点ながらも今季4敗目となり「とんでもないことをしてしまった」と自滅を悔やんだ。

 課題のクイックモーションも習得しきれず、3回には糸井に盗塁を許した。森ヘッドコーチは「できないやつはいてもしょうがない。5勝していても4敗目だろ。今は我慢できない」と話し、2軍に落とすことを明言した。

 ▼和田(オリックス・東明に)「投げっぷりが良かった。結構いいコースに決められた」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月29日のニュース