青木は4打数無安打 3戦音なし「全てが裏目に出ている」

[ 2014年5月29日 06:36 ]

5回、インサイドの球をよけてグラウンドに倒れた青木(AP)

 ロイヤルズの青木は28日、カンザスシティーで行われたアストロズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打、1四球だった。チームは3―9で敗れ4連敗を喫した。

 青木は第1打席から投ゴロ、二ゴロ、四球、一ゴロ、左飛に終わり、3試合14打席ヒットが出ていない。打率は2割6分4厘。

 ▼青木の話 相手投手も良かったけど、今は全てが裏目に出ている。チームの歯車がかみ合わず、何をやってもうまくいかない。昨日は打撃の内容は良かったけど、今日は悪くなっている。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月29日のニュース