亜大 お返し完封でV6逆王手 初先発の川本が窮地救った

[ 2014年5月29日 05:30 ]

<国学院大・亜大>完封勝利の亜大・川本

東都大学野球最終日第2日 亜大4―0国学院大

(5月28日 神宮)
 亜大が4―0で国学院大に快勝。1勝1敗のタイとし、史上2校目(戦後初)の6季連続優勝に王手をかけた。1回戦でサヨナラ負けを喫した亜大は、5回に代打・渡(4年)の2点適時打で先制。リーグ戦初先発の川本祐輔投手(3年)が7安打完封の好投を見せ、雪辱した。春季リーグの覇者は、29日に行われる3回戦で決定する。

 最後まで全力と決めていた。153球目、こん身の直球で最後の打者を右飛に仕留めた川本の表情が一気に崩れた。初先発で初完封。「普段はあまり表情に出さないけどうれしくて、思わず笑ってしまった」と照れた。

 チームの窮地を救った。13日、主に2戦目の先発を任されていた3年生の花城が「黄色じん帯骨化症」で離脱。川本は23日の青学大戦に救援でリーグ戦初登板し、ここまで救援のみ3試合の登板ながら2勝。冷静な投球を評価され1週間前から、この日の先発を告げられ、調整してきた。最速140キロにスライダー、スプリットを交えて0行進。再三走者を許しながらも「コースに投げれば打たれない。ピンチと思わなかった」。見事、期待に応えた。

 エース山崎で臨んだ1回戦は延長10回に満塁本塁打を浴び0―4でサヨナラ負け。肩を落とす後輩に「原点を見直そう」と4年生が声を掛けた。試合後とこの日朝に、昨年まで行っていたサブグラウンドの草むしりを行った。3年が主力の打線にあって、この日の4打点は全て4年生がマーク。前日と同じスコアで雪辱した。生田勉監督は「4年生を中心に良い方向を向いてくれた。あすが凄く楽しみ」と、歴史的快挙を見据えていた。

 ▼亜大・渡(5回に代打で先制の2点適時打)あまり良い当たりじゃなかったけど、亜大の意地を見せたかった。焦ることなく集中できた。

 ◆川本 祐輔(かわもと・ゆうすけ)1993年(平5)9月30日、広島県生まれの20歳。小2から野球を始め、中学時代は尾道シニアに所属。尾道高では2年秋の中国大会8強が最高。亜大では昨秋からベンチ入り。1メートル79、75キロ。家族は両親と妹、弟。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月29日のニュース