ジーター 初めてAロッドを語る「前に進まなければ」

[ 2014年2月12日 05:30 ]

 フロリダ州タンパで自主トレ中のヤンキースの主将ジーターが、今季全試合の出場停止処分を受け入れたロドリゲスについて、初めて言及した。

 通算654本塁打のスラッガーが今季不在という事態に「我々は現在のチームで勝つ方法を模索しなければならない。前に進まなければならない」とコメント。ロドリゲスが今月7日に処分の破棄を求めた提訴を取り下げた後、メールで連絡を取ったことも明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース