「体感できたことが一番」小笠原 シート打撃で“移籍後初安打”

[ 2014年2月12日 05:30 ]

シート打撃第1打席で朝倉から左前打を放った小笠原

 巨人から中日へFA移籍した小笠原がシート打撃に初めて出場し「移籍後初安打」をマークした。

 第1打席で朝倉の外角直球を左前に運んだ。第2打席は中飛で2打数1安打という結果に「目慣らしです。(ヒットが出たのは)悪くない。ただそればかりにとらわれてもね。(投手のボールを)体感できたことが一番」と振り返った。プロ18年目の40歳。昨年はプロ17年目で初のキャンプ2軍スタートを経験したベテランが復活を目指し、新天地で好スタートを切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース