プロの壁痛感…森4の0 2発被弾リードも反省

[ 2014年2月12日 05:30 ]

<西・神 2軍練習試合>4回、2死一塁、打者・荒木の時に暴投でボールを追う森(中央)

2軍練習試合 西武2―8阪神

(2月11日 春野)
 西武ドラフト1位の森(大阪桐蔭)が阪神との2軍の練習試合に「3番・捕手」で出場。プロ入り初の実戦で4打数無安打に終わった。

 差し込まれて打ち取られる場面が目立ち「スピード、変化球の切れで差を感じました」とプロのレベルの高さを痛感。リード面でも「内角で勝負して打たれるケースがあった」と振り返り、2本塁打を浴びた3回の5失点を反省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース