目標は元同僚・松井氏!ハム新助っ人ミランダ「日本で成功を」

[ 2014年2月12日 05:30 ]

入団会見で握手するミランダ(左)と栗山監督

 日本ハムのキューバ出身の新外国人ミランダが同郷のアブレイユとともにチームに合流し、名護市内の宿舎で入団会見を行った。

 昨季メキシカンリーグで26本塁打を放った左の強打者。08、09年に所属したヤンキースでは松井秀喜氏と同僚で「とても偉大な選手で過去にスイングをマネしたこともある。(松井氏のように)日本で成功し、もう一度話をしたい」と再会を熱望した。栗山監督の期待も大きく「アブレイユと2人で75本を打つ」と予想した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース