マー君 入団会見で英語あいさつ「ヤンキースの一員になれて幸せ」

[ 2014年2月12日 03:30 ]

ヤンキース入団会見で、ジラルディ監督とともにポーズを決める田中
Photo By スポニチ

 楽天からヤンキースに移籍した田中将大投手(25)が11日(日本時間12日未明)、本拠地ヤンキースタジアムで入団会見を行った。

 7年総額1億5500万ドル(約158億1000万円)の大型契約で名門に迎えられた右腕は、スーツ姿で会見に登場。ジョー・ジラルディ監督から手渡されたピンストライプのユニホームと帽子を身に着け、「ハロー」と英語で第一声を発した。そして「マイ ネイム イズ マサヒロ・タナカ。アイム ベリー ハッピー トゥー ビー ヤンキー」と英語で続けると、球団幹部や報道陣からは暖かい笑いと拍手が起きた。

 続く質疑応答で、田中はヤンキースでの一番の目標を聞かれ、「ワールドシリーズで勝つことです」ときっぱり。ヤンキースを選んだ理由について問われると「ニューヨークという街は厳しいと聞いている。そこで自分の力を出し切れるようにやりたい」と意気込んだ。

 田中はキャンプ地のフロリダ州タンパへ移動し、15日(同16日)からのバッテリー組キャンプに臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース