マー君目標は「Wシリーズで勝つこと」最初の食事は「スーパーのお寿司」

[ 2014年2月12日 03:56 ]

ヤンキースのユニホームと帽子を身に着け、笑顔の田中

 楽天からヤンキースに移籍した田中将大投手(25)が11日(日本時間12日未明)、本拠地ヤンキースタジアムで入団会見を行った。ピンストライプのユニホームを身にまとった田中は「ハロー。マイ ネイム イズ マサヒロ・タナカ。アイム ベリー ハッピー トゥー ビー ア ヤンキー」と英語であいさつした。

 <マー君 報道陣と一問一答>

 ――日米のボールの違いにどう対応するか?

 「自分で適応しようと思う気持ちが大事だと思う」

 ――対戦が楽しみな相手は?

 「対戦したことない選手がほとんどなので、だれと対戦するのも楽しみです」

 ――ヤンキースに入って一番の目標は?

 「ワールドシリーズで勝つことです」

 ――南米の選手と対戦する準備はできてる?

 「できています」

 ――実際にヤンキースの一員になった気持ちは?

 「気持ちはやはり引き締まります。本当にヤンキースの一員になれたんだなあと感じています」

 ――ニューヨークの印象と、初めて食べた食事を教えてください

 「ニューヨークの印象は、初めて来たときは高校生で、天気が悪くて、晴れたニューヨークを見ていなかった。今回は天気もいいし、良い街だと感じた。(最初の食事は)近くのスーパーのお寿司を食べました」

 ――ヤンキースにかつて所属した松井秀喜氏、井川慶選手と話はした?

 「松井さんとは少し電話で話をする機会がありました」

 ――ヤンキースは常に注目されているチームですが、ファンに対してはどのように対処しますか?またライバルのレッドソックスへの対応は?

 「日本でレッドソックスとヤンキースの試合を見て、テレビを通じても盛り上がりは伝わってきます。実際に自分がグラウンドに立って、どういう感じなのかは楽しみ」

 ――先ほど電話で話したと言っていましたが、松井氏とはどういう会話を?

 「長い時間は話していないのですが、すごく良いところだよというような話をしてくれました」

 ――なぜヤンキースを選んだのか?他のチームでより契約金が高いところもあったのでは?

 「そこらへんはコメントしづらいですが…。ニューヨークという街は厳しいと聞いているので、そこで自分の力を出し切れるように頑張りたいと思いました」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月12日のニュース