ソフトB五十嵐 フリー初登板で60球、内川&長谷川を圧倒

[ 2014年2月7日 12:39 ]

 ソフトバンク移籍2年目となる五十嵐が7日、フリー打撃に初登板、内川と長谷川を相手に60球を投げた。

 主軸の2人も初フリーだったが、6年連続3割の内川には34球を投げてバットを折るシーンがあり、昨年首位打者の長谷川には26球を投げ、いきなり空振りを奪うなど五十嵐が手玉に取った。この時期は仕上がり状態で投手優位となるが圧巻の投球。

 5月には35歳を迎えるセットアッパーは「良かったですね。まだ始まったばかりですが、イメージ通り」と笑顔。五十嵐のボールを初めて受けたFA移籍の鶴岡も「いい練習になった」と満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース