中畑監督 恒例五輪パフォで愛子&羽生にエール

[ 2014年2月7日 09:00 ]

 DeNA・中畑監督がキャンプ恒例と化した五輪パフォーマンスで日本代表にエールを送った。7日は午前9時から宿舎で首脳陣のミーティングが行われる予定だったが、球団スタッフの手違いで指揮官は8時45分に球場に到着。「違うのかよ!」と苦笑いを浮かべたが、傘を2つ持たされると「(女子モーグルの)上村(愛子)だな」とコブを滑り、ジャンプするパフォーマンスを披露。「7位(で決勝進出)だろ。あれすごかったな!はぶ!え?はにゅう(男子フィギュアスケートの羽生)か!(団体ショートプログラムで)1位だろ?情報チェックしとけよ!」と興奮していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース