松井臨時コーチ 2度目ノックは左打ち、スムーズに158スイング

[ 2014年2月7日 11:26 ]

 巨人の宮崎キャンプは7日、前日に続き雨のため木の花ドームで練習、松井臨時コーチが2度目のノックを行った。

 3日の初ノックでは右打ちで220スイングし、空振りもあったが、この日は高橋由、長野、アンダーソンら外野手8人相手に左打ち。最初は25メートル程度でゴロを打ち140スイング、続いて60メートル程度に距離を延ばし18スイング、空振りもなくスムーズなノックとなった。

 終了後に清水コーチから「絶対左の方がいいよ」と声を掛けられた松井コーチは「左の方が芯に当たる気がします」と“進化”した158スイングを振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース