中田 初紅白戦も音なし…久々三塁では失策「追いついていたのに」

[ 2014年2月7日 05:30 ]

紅白戦の初回、上沢に抑えられた中田(左)

日本ハム紅白戦 紅組2―0白組

(2月6日 名護)
 初の紅白戦で中田が「4番・三塁」に入ったが、2打数無安打に終わった。

 ルーキーイヤーの08年以来となる三塁守備では3回、唯一の守備機会だった陽岱鋼(ヨウダイカン)の三塁線の当たりをはじいて失策を記録して「追いついていたのに、打球のイレギュラーに反応できなかった」と猛省。それでも「たくさんエラーして勉強していきたい」と前向きだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース