オリ佐藤達「直球だけだと苦しい」 進化へフォーク30球

[ 2014年2月7日 05:30 ]

 昨季に最優秀中継ぎ投手となったオリックスの佐藤達が、「体が突っ込まないように、肘を上げて投げることを意識した」と今キャンプで最多の135球を投げた。

 中でも目立ったのは30球ほど投げ込んだフォークボール。昨季は直球で押す場面が多かったが、「直球だけだと苦しい場面が多々あった。狙って空振りをとれる球が欲しい。キャンプ中にもっと精度を上げていきたい」と貪欲だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース