中日インフル禍拡大…と思ったら井藤、橋爪は陰性にホッ

[ 2014年2月7日 14:30 ]

 中日は7日午後、午前中に発表した読谷キャンプのインフルエンザ感染者情報を訂正した。当初、井藤真吾外野手(23)、橋爪大佑内野手(21)が6日、体調不良を訴え沖縄県嘉手納町内の病院で受診した結果、インフルエンザA型と診断されたとしていたが、再度検査したところ陰性と判明した。

 最初の診断が「インフルエンザの疑い」だった。2軍組の読谷キャンプメンバーでは堂上直倫、高橋聡文がインフルエンザにかかっており、感染者の拡大が懸念されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月7日のニュース