台風18号影響で阪神ドタバタ移動 東京→広島に8時間

[ 2013年9月17日 06:00 ]

 阪神は台風18号の影響で広島移動もドタバタとなった。午前中に移動ができず、多くの選手は新幹線が運転を再開した午後3時以降に「とりあえず駅に向かってみます」と宿舎を出発した。

 一番、大変だったのはベテランの福原。早朝の新幹線に乗車したが、静岡県内で立ち往生。さらに新大阪駅で別の新幹線に乗り換えるなど、通常なら約4時間のところを倍の約8時間もかかり、疲労困憊(こんぱい)の様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月17日のニュース