バレ新記録着弾点に56号シート モニュメント設置へ

[ 2013年9月17日 06:00 ]

15日の阪神戦で56号を放ったバレンティン

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が15日の阪神戦(神宮)で放ったプロ野球新記録の56号本塁打を記念し、本拠・神宮球場が落下地点にモニュメントの設置を検討していることが16日、分かった。現在、球場関係者が周囲にいた警備員の証言や映像などを基に、座席や通路など着弾した場所を調査中。判明すれば設置に動く方向で、メモリアルアーチが神宮に永遠に刻まれることになる。

 プロ野球記録を49年ぶりに更新したバレンティンの56号。一夜明け、その快挙を神宮球場に刻むために動きだした。球場関係者はモニュメント設置に向け「現在ボールが落ちた地点を確認しているところ。何を設置するのかも含めて今後検討していきたい」と話した。

 56号は左中間席の前列から中段の間にかけて着弾。球場関係者はその落下地点の割り出しを急いでおり、座席ならバレンティンの幼少時代からの愛称「ココ」から取った「ココシート」、通路なら「ココプレート」などが候補として挙がっている。神宮球場の座席は青色。バレンティンの故郷、オランダ領キュラソー島の地域の旗も青色を基調に、黄色の一本線と白色の星マークが2つ並んだデザインとなっている。これまで座席に着弾したモニュメントでは周囲の座席と違う色にした例もあり、青の座席にキュラソー島の旗と同じデザインが入れば、最強助っ人にとっても忘れられない記念になりそうだ。

 また、球団ではバレンティンのプロ野球記録更新を記念して「2013バレンティン日本新記録達成Tシャツ」(2700円)を予約販売することを決定。今季終了時点の本塁打数を胸と背中に入れた完成品をシーズン終了後に届ける。さらに、港区北青山のバレンティン行きつけのハンバーガー店「E☆A☆T」では、「バレンティンチキンバーガー」をメニューに加えることを決定。11年に米国最大のテレビ局CNNから表彰を受けたこともある名店が、特別メニューを出すなど、まだまだ本塁打狂騒曲は終わる気配はない。

 残り18試合で57本から何本伸ばすか。さらにリーグトップの本塁打、打率(・338)に加え、打点でもDeNAのブランコに5打点差の120と猛追。04年の松中(当時ダイエー)以来の3冠王獲得にも注目が集まる。この日オフだったバレンティンは母・アストリットさんと家族水入らずでつかの間の休息。「狙えるチャンスがある限り、一打席一打席集中して立ちたい」と、17日のDeNA戦(横浜)から再び本塁打を積み上げる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月17日のニュース