大竹 4年ぶりの完投で9勝目「終盤も球威が落ちなかった」

[ 2013年9月17日 22:58 ]

<広・神>力投する大竹
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島2―1阪神

(9月17日 マツダ)
 広島がサヨナラ勝ちで4年ぶりの7連勝を飾った。

 広島の大竹が4年ぶりの完投で2桁勝利にあと1とした。最低限の目標だった規定投球回もクリアし「(完投が)1度で喜んでいる場合じゃないが、うれしい」と122球で最少失点だった力投を振り返った。

 打たせて取る投球を基本にしながらも、8回2死三塁では桧山をこの日最速150キロで空振り三振に。要所では力でねじ伏せることもあり「終盤も球威が落ちなかった。しっかり腕が振れた」と満足そうだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月17日のニュース