今村先発合格初登板5回1失点 次回も先発へ

[ 2013年9月17日 06:00 ]

<広・巨>初回1死一、二塁、今村はエルドレッドを遊ゴロ併殺打に打ち取る

セ・リーグ 巨人4-5広島

(9月16日 マツダ)
 プロ初登板初先発した巨人の2年目左腕・今村は5回を6安打1失点。勝ち負けは付かなかったが、先発としての役割を果たした。

 「緊張しながらも楽しめた」。最速146キロの直球と90キロ台のカーブで緩急を使った投球。初回1死一、二塁、3回2死一塁ではエルドレッドを直球で打ち取り「2軍では対戦できない外国人選手に直球勝負できた」と喜んだ。沢村が中継ぎに回ったため、抜てき起用した原監督は「ナイスピッチング。十分に投げるチャンスはあるんじゃないでしょうか」と話し、次回も先発させる方針を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月17日のニュース