高卒新人鈴木誠、初安打初打点だ 堂林先輩と“同着”

[ 2013年9月17日 06:00 ]

<広・巨>4回2死一・二塁、鈴木誠が中前にプロ入り初安打となる適時打を放つ

セ・リーグ 広島5-4巨人

(9月16日 マツダ)
 広島の高卒ルーキー・鈴木誠がプロ3打席目で初安打初打点をマークした。

 4回2死一、二塁の場面で代打で登場。2ボールからの3球目、甘く入ってきたスライダーを左前に運んだ。「緊張しました。きのう(三振をしたが)1軍投手の変化球を見られたのがよかった」。15日に大野練習場で荷物整理をしていた時に堂林と顔を合わせた。「プロ3打席目にヒットを打ったと聞かされて、何とか(自分も)打ちたいと思ってました。チャンスで打てて良かったです」と、憧れの先輩と同じスタートに笑顔を浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月17日のニュース