唐川は自己ワーストの10失点「自分でも分からなくなってしまった」

[ 2013年9月17日 22:59 ]

パ・リーグ ロッテ4―10オリックス

(9月17日 QVC)
 ロッテは負傷離脱していた今江が4番に復帰したが完敗を喫した。金子の前に歯が立たず、7回にサブローの犠飛で1点を返すのがやっとだった。

 先発の唐川は4回を投げ、13安打を浴びてプロ6年目でワーストの10失点。自身初となるシーズン10敗目を喫し「得点圏に走者が行ってから、もっと粘っていかないといけない。自分でも分からなくなってしまった」とコメントした。

 投打ともに振るわず伊東監督は「あまりにもふがいない。申し訳ない試合内容だった」と謝った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月17日のニュース