昨季32発!オリオールズ主砲がWBC出場へ

[ 2013年1月13日 06:00 ]

 昨季32本塁打を放ったオリオールズの主砲ジョーンズが3月のWBCに米国代表として出場する意向を表明した。自身のツイッターで「国のためにプレーすることを誇りに思う」とコメント。米国代表では、レンジャーズの抑えネーサンやレッズの二塁手フィリップスも打診を受けている。

 レンジャーズからはベルトレ、クルーズの中軸2人がドミニカ共和国代表での参加が濃厚。昨季打率・321、36本塁打、102打点のベルトレは、調整が順調なら参加する意向を示した。メキシコ代表では昨季メジャー1年目で9勝したオ軍の右腕ゴンザレスが、出場の打診を受けている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース