右肩痛は順調回復!新井貴、三塁で完全復活へ

[ 2013年1月13日 18:10 ]

 阪神の新井貴浩内野手が13日、兵庫県西宮市の甲子園球場で自主トレーニングを公開し「一塁ではなく(送球機会が多い)三塁で戻るつもり」と昨季苦しんだ右肩痛からの完全復活を誓った。

 オフはリハビリに励んでおり、この日は約40メートルのキャッチボールを行い「毎日、半歩でも距離を伸ばそうとやってきた」と好感触。その上で「焦るのが一番駄目。オープン戦に入るころまでにいい状態に持っていきたい」と慎重な調整を見据えた。権田トレーナーは「痛みは減っているし、肩の可動域も戻ってきている」と順調な回復を強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース