“プロの先輩”10キロ減のソフト君 大谷スマイルに参った

[ 2013年1月13日 06:00 ]

笑顔でランニングする日本ハム・大嶋

 早大ソフトボール部出身の異色新人として、昨年自主トレではフィーバーの渦中にいた日本ハム・大嶋も大谷と初対面。勇翔寮で直立不動であいさつされ「ちょっかい出してやろうと思っていたのに“無理だわ、これ“っていうぐらい。本当にいい子」と大谷スマイルに参った様子。

 自身は昨年から10キロ超減った89キロとスリムな体で9時間練習し「大谷の球を早く受けたいですね」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース