巨人・秦コーチ 社会人野球指導者研修会で講演

[ 2013年1月13日 06:00 ]

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)主催の「指導者研修会」が12日、静岡県熱海市内で行われ、昨年の都市対抗野球、日本選手権を制したJX―ENEOSの大久保秀昭監督ら関係者約100人が参加した。

 捕手強化についての講演をこなした巨人・秦バッテリーコーチは「短期決戦ではいかに相手に点をやらないかが大事になる」とし、捕手の二塁送球時の理想の動作、カウントや状況別の配球の考え方などを説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース