法大OB 山本浩二氏も困惑 稲葉「いまいちよく分からない」

[ 2013年1月13日 09:17 ]

法大野球部OB総会の壇上であいさつした侍ジャパン・山本浩二監督(中央)、高代コーチ(左)、日本ハム・稲葉

 法大野球部のOB会組織「法友野球倶楽部」と金光興二監督(57)との間で深刻な対立劇が生じていることが12日、明らかになった。OB会総会が都内のホテルで行われたが、金光監督の退任を求め怒号が飛び交うなど、総会は紛糾。金光監督サイドはOB会による要求撤回と謝罪がなければ、法的措置も辞さない旨の内容証明を昨年12月に送付していたことが判明。法廷闘争に持ち込まれる可能性まで出てきた。

 金光監督側からの書面はOB会副会長を務める侍ジャパンの山本浩二監督にも届いた。山本監督は「自分では見ていないが、総会で内容は聞いた。良い方向に向かってほしい」と話した。

 ▼日本ハム・稲葉(同大OB、OB総会に出席)いまいちよく分からない状況。でも皆さんそれだけ野球部について考えているということ。激論を交わして、良い方向に向かってくれればいい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース