大谷 充実の第1クール終了「高校ではやらないことできた」

[ 2013年1月13日 17:41 ]

 日本ハムのルーキー大谷(岩手・花巻東高)が13日、新人合同自主トレーニングの第1クールを終え「高校ではやらないことができて勉強になった」と充実の表情を浮かべた。

 高い意識を持って練習に取り組んでいる。左翼線上から右翼の定位置付近までの遠投では「距離が長くなるとシュート回転する。体の開きを我慢するといい球がいく」と、投手らしい低い球筋を意識して投げ続けた。練習後はサインを求めるファンに約50分間ペンを走らせ、最後に拍手を浴びた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース