上原 被災地で野球教室開催「衝撃的だった」

[ 2013年1月13日 06:00 ]

野球教室で中学生にボールの握りを指導するレッドソックス・上原
Photo By スポニチ

 一昨年の東日本大震災後、初めて被災地を訪れたレッドソックス・上原は、午前中には津波による甚大な被害があった宮古市田老地区を訪問。「衝撃的だった」と言葉を詰まらせた。

 約300人の小中学生を指導した野球教室後には、津波で自宅が流されたという小林竜生君(12)から感謝の手紙を朗読され、必死に涙をこらえる場面も。「大変な思いをしている。これからも何かできることを考えたい」と支援を続ける考えを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース