石川 新球フォーク習得に意欲「空振りが取れる球を」

[ 2013年1月13日 06:00 ]

階段の前でポーズをとるヤクルトの(左から)赤川、八木、村中、七條、西武・坂元、石川、山本哲、中沢、押本

 昨季8勝に終わり、5年連続2桁勝利を逃したヤクルト・石川が宮崎県西都市内で自主トレを公開し、新球フォークの習得に意欲を見せた。「今まではシンカーに偏っていたけど(同僚の)館山を見て有効と思った。空振りが取れる球を増やしたかった」と説明する。

 現在は館山、村中からフォークを投げるときの手首の角度などを教わっている。「(今季は)開幕投手より、もう1度ローテーションをとりにいかないと」と危機感も口にしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース