馬原抜けた抑えは「ファルケンボーグ、森福、五十嵐が中心」

[ 2013年1月13日 06:00 ]

 ソフトバンク・小林至海外担当兼中長期戦略部長は、プロテクトから馬原を外したことについて、「優先事項は常に優勝争いをすること。断腸の思いでリストから外さざるを得ない選手がいた。その一人が馬原投手。現場や王会長と何度も練り直した」と苦渋の決断だったことを明かした。

 今オフはヤンキースを自由契約となった五十嵐を補強。昨季固定できなかった抑えについて、小林部長は「起用法は現場に任せますが、ファルケンボーグ、森福、五十嵐が中心でしょう」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月13日のニュース