金本引退に驚き 第6戦ジ軍先発の元阪神ボーグルソン

[ 2012年10月21日 14:59 ]

カージナルスとの第6戦に先発するジャイアンツのボーグルソン

 米大リーグ、ジャイアンツのボーグルソンが21日(日本時間22日)に行われるカージナルスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第6戦に先発登板する。日本のプロ野球を経験した右腕が、2勝3敗と後がないチームの命運を託された。

 19日の第5戦で5―0と快勝して踏みとどまった。かつて阪神やオリックスでプレーしたボーグルソンは「最後のアウトまで終わりじゃないんだ。俺たちは最後まで一生懸命プレーする」と逆転での優勝を諦めていない。7回1失点と好投して勝利投手になった第2戦は二回まで不安定だったが、フォームを微調整して立て直す修正能力の高さを見せた。

 2季連続で2桁勝利を挙げるなど主力として活躍するが、現在も日本球界のニュースはインターネットでチェックしている。阪神の金本の現役引退には驚いたという。

 日本で制球を磨いた35歳は「さまざまな経験が助けになっている」と安定した投球の要因を口にする。大一番に向け「全力で戦う。準備はできている」と自信をにじませた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース