川上 CS初黒星にガックリ「考える余裕もなく終わった」

[ 2012年10月21日 06:00 ]

<巨・中>1回、長野の打球をグラブで弾く川上

CSファイナルS第4戦 中日1―3巨人

(10月21日 東京D)
CS男が重量打線に集中打を浴びた。過去4度の先発で3勝を挙げていた中日の先発・川上だが4回4安打2失点で降板し、CS初黒星を喫した。

 0―0の3回1死二塁、坂本に初球を左翼線へ適時二塁打を運ばれた。これで先制点を失うと、続く阿部にも初球を左前適時打された。不本意な投球にベテラン右腕は「考える余裕もなく終わった。1点ならまだしも、2点目を取られたのが駄目」とうなだれた。

 ▼中日・小林正(これまで抑えてきた阿部に打たれ)何と言っていいか難しいです…。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース