井端 好球必打で一矢報いる!勝負強さ健在

[ 2012年10月21日 06:00 ]

<巨・中>7回無死一、三塁、中前適時打を放つ井端

CSファイナルS第4戦 中日1―3巨人

(10月21日 東京D)
 簡単には負けない。2点を追った7回、中日は大島、荒木の連打で無死一、三塁として、井端が中前適時打を放った。

 山口の初球144キロ直球を「ストライクならなんでもいこうと思っていました」と好球必打。一矢を報いた。このファイナルSでは自身初のマルチ安打。第3戦でも1点リードの3回に右犠飛を放った勝負強い男が、さらに状態を上げてきた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース