謙虚な森脇新監督「監督の実績は僕が12球団で一番下」

[ 2012年10月21日 06:00 ]

フェニックスリーグを視察に訪れた森脇監督(左)はファンにサインをする

 低姿勢は12球団一!? オリックスの森脇新監督が20日、宮崎でフェニックスリーグを視察した。戦った相手・ロッテの新監督に決まった伊東勤氏に触れ「監督で比べれば、僕が勝つことはない」とポツリ。チョー謙虚な発言に終始した。

 イケメン度とダンディー度では12球団トップクラスだが、謙虚さは間違いなくナンバーワンだろう。「僕が年上だけど、キャリアは伊東監督が上。実績十分の監督だから。監督の実績は僕が12球団で一番下」。温厚で実直な人柄がそのまま表れたコメントだった。

 宮崎行きの飛行機内では村山球団本部長らと会談。試合後は2軍スタッフも交えた食事会で連携強化に努めた。「(日本ハムの)栗山監督は1年で実績を作ったけど、僕は選手に力を注ぐ。相手を倒す準備をしっかり整えたい」。高くジャンプするために、今は低くかがむ方が得策だろう。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース