高木監督 黒星も余裕「巨人にもうけさせたらいい」

[ 2012年10月21日 06:00 ]

<巨・中>大勢の記者に囲まれ引き揚げる高木監督

CSファイナルS第4戦 中日1―3巨人

(10月21日 東京D)
 一気の4連勝とはいかなかった。それでも中日の高木監督の自然体は変わらない。第5戦以降にもつれる展開に「巨人にもうけさせたらいいんじゃない」と得意のジョークが口をついた。

 巨人の6安打を上回る11安打を放ったが、11残塁で1得点。「打ったら勝てると思って少し力みが入ったね。きのうまではうまいこといきすぎた。そうはうまくはいかんよ」。7回は山口から3連打で1点を返したが、なお無死一、二塁で和田が2ボールからのシュートを打って二ゴロ併殺打。「絶対にシュートでストライクを取りに来ると思った。でも思ったほどシュートしなかった」と主砲は唇をかんだ。

 敗れはしたが、救援陣の浅尾、山井、岩瀬を温存。残り2試合で1勝すればいいという有利な状況は変わらない。「あす負ければ五分?大変心配ですよ」。言葉とは裏腹に71歳監督は余裕の表情で帰りのバスに乗り込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース