代打の代打・石井が執念のサヨナラ打「何とか落ちてくれと」

[ 2012年10月21日 22:01 ]

9回、サヨナラ打を放ち、長野(7)らに手荒い祝福を受ける巨人・石井

セ・リーグCSファイナルS第5戦 巨人3―2中日

(10月21日 東京D)
 巨人は代打の代打・石井が執念のサヨナラ打を放ち、アドバンテージの1勝を含む3勝3敗のタイとした。1死満塁、カウント1―2から中日・山井の直球に詰まりながらも、打球は三塁後方にポトリと落ちた。

 「何とか落ちてくれと、走っていた。流れがこっちに来てる。絶対勝つと思いました」

 3連敗で後がない状況から2連勝。日本シリーズの出場権を懸けた戦いは最終第6戦にもつれこんだ。

 「あした勝たないと意味がない。とにかく勝たないと」

 お立ち台で石井が興奮気味にまくしたてた言葉はナイン全員の思いだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース