山内 4回途中に負傷降板…スタッフに背負われて帰りのバスに

[ 2012年10月21日 20:54 ]

4回、巨人・村田の打球が当たり降板する中日・山内(中央)
Photo By スポニチ

CSファイナルS第5戦 中日―巨人

(10月21日 東京D)
 中日の先発山内が四回途中に負傷降板した。先頭の村田の打球を左すねに受け、膝をついてマウンドで動けなくなった。両肩を支えられてベンチに退き「早い回に投げられなくなってしまって、ブルペン陣に申し訳ない」とコメントした。

 アイシングの処置を施し、病院には行かなかったものの、試合後はスタッフに背負われて帰りのバスに乗り込んだ。右腕は「しびれて動けなかった。力が入らなかった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース