法大が7季ぶり優勝 東京六大学野球

[ 2012年10月21日 16:28 ]

明大を破って7季ぶり44度目の優勝を決め、喜ぶ法大ナイン

 東京六大学野球リーグ第7週第2日は21日、神宮球場で2回戦2試合を行い、法大が明大を6―1で下し、2009年春以来7季ぶり44回目の優勝を決めた。43回で並んでいた早大を上回り、単独1位の優勝回数となった。

 
 法大は9勝2敗の勝ち点4だが、最終週で早大または慶大に勝ち点で並ばれても勝率で上回る。
 
 立大は東大を2―0で下し、連勝で勝ち点1。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月21日のニュース