巨人の滝鼻最高顧問 球団納会で“騒動”謝罪

[ 2011年12月3日 06:00 ]

<巨人納会>納会で並んで座る(左から)原監督、滝鼻最高顧問、原沢球団代表

 巨人の球団納会が静岡県熱海市内のホテルで行われ、原監督、選手、球団職員ら約250人が参加した。

 滝鼻卓雄球団最高顧問(71)は冒頭のあいさつで「ここ数週間、ある役員の行為をめぐって世間をお騒がせした。選手、フロントの皆さんにもご迷惑をかけた。最高顧問としておわび申し上げます」と球団を解任された清武英利前球団代表に言及して異例の謝罪。「ジャイアンツのブランドの維持とともに傷がついたとすれば回復のために、全力を挙げて務めてまいりたい」と誓った。2年連続V逸に終わった原監督も「今年1年間、チームの本意でない結果に終わった。また新しいメンバーで日本一を目指して戦っていこう」と呼びかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース