内川がスポニチフォーラムGP!「感激してます」

[ 2011年12月3日 06:00 ]

「FOR ALL 2011」表彰式 照れながら翼夫人(右)へのお礼の言葉を述べるソフトバンクの内川

 日本を元気づける顕著な働きをした個人または団体に贈られるスポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」の表彰式が2日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で開催された。グランプリにはサッカー日本女子代表の「なでしこジャパン」とソフトバンクの内川聖一外野手(29)が輝いた。また、ハートフル賞は3月11日の東日本大震災で被災したラグビーの「釜石シーウェイブス」の支援活動をする「スクラム釜石」が受賞。グランプリには副賞として100万円、ハートフル賞には同じく50万円が、スポーツニッポン新聞社・森戸幸生社長から贈呈された。

 ソフトバンクの日本一に大きく貢献した内川にまた新たな勲章が加わった。スポニチフォーラム「FOR ALL 2011」でグランプリを受賞。壇上で同じくグランプリを受賞した「なでしこジャパン」の丸山桂里奈にあごを撫でられる場面も。「感激してます。チームの日本一があったからこそ頂ける賞だと思っています」と喜びを爆発させた。

 横浜からFAでソフトバンクに移籍した今季は打率・338で史上2人目の両リーグ首位打者を獲得。4月月間、交流戦、CSファイナルS、そしてシーズンでもMVPに輝いた。それでも満足はしていない。右太腿裏肉離れの影響で戦線離脱。114試合の出場にとどまった。来季の目標に10年以来となる全144試合出場を掲げ、自身の持つ右打者最高打率・378超えにも意欲。「心も体も常にいい状態じゃないとその数字は出ない。フル稼働させます」と意気込んだ。

 今季は1安打につき1万円を東日本大震災の被災地へ寄付。シーズン145安打、CSファイナルS5安打、日本シリーズ7安打を含めればその額は157万円に達する。「頂いた賞金も上積みするつもり。来季も続けていきたい」。天才バットマンは来季も日本に元気を与え続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース