ヤクルトのドラ1川上「打球が消えるくらい飛ばす打者に」

[ 2011年12月3日 06:00 ]

 ヤクルトは、ドラフト1位指名の川上と青森県八戸市内のホテルで交渉し、契約金7500万円、年俸720万円で合意した。

 川上は「打球が消えるくらい飛ばす打者を目指したい」と抱負を口にした。ヤクルトは若手投手が育っており、川上は将来の主軸を任される野手として期待される。「光星から(プロに)行った坂本選手(巨人)と対戦したい」と憧れの先輩の名前を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース