仁志氏と小宮山氏が規則委員に委嘱

[ 2011年12月3日 06:00 ]

 来年のルール改正に向けたプロ野球の規則委員会が2日、東京都内で行われ、元巨人の仁志敏久氏(40)と元ロッテの小宮山悟氏(46)がOBとして初めて規則委員に委嘱されて出席した。

 選手会の要望を受けて加藤良三コミッショナー(70)が任命したもので、新(あたらし)純生委員(ヤクルト球団常務)は「経験者の意見を聞いて(ルールを)決める形にしてほしいということ。大歓迎です」と説明した。今回は大幅なルール改正はないが、小宮山氏は「選手サイドの意見を2、3聞かれた」。仁志氏は「選手の立場から意見が言えるのはいいこと」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月3日のニュース